ハイレバレッジの取引について専業トレーダーが解説

レバレッジと聞くと人ぞれぞれ認識に違いがある。ある人は「リスク」「危険」といい、ある人は「優位性」「資金効率」という。

なぜこのような違いが出てくるのか?レバレッジとはFXの取引にとって一体どのような働きをするのだろうか?今回は海外FXのハイレバレッジを使って、5万円の資金から専業トレーダーを目指す事はできるのか?そんなテーマでお話しさせていただきたいと思う。

よく言われるのはレバレッジとはテコの原理だという説明。確かにそう聞くとやたらにリスクのある取引のように聞こえる。

しかし、少額から資金を増やしていくには「無くてはならないもの」であり、FXに限ってはこのレバレッジがないと、ほとんど稼ぐことができないシステムになっている。

目次

専業トレーダーとしてのレバレッジ見解

レバレッジの本質を簡潔にいうなら、証拠金をどれだけ減らせるか?というその一点に尽きる。レバレッジを全くかけずにFXをやるとなると、1ドル100円と考えるなら単純に1万通貨の取引で100万円必要となる。

1万通貨で20pipsというと単純に利益は2,000円だ。

仮に1万通貨で1ヶ月100万円稼ぎたいのなら10000pipsを叩き出さなくてはならない。それはどう考えても現実離れしている。

仮に5万円位の資金からFXを始めたいのであれば、レバレッジなしだと500通貨しか取引できない。500通貨というと20pips利益を得たとしても「100円」。仮にレバレッジ25倍で1万通貨5万円の資金ならば、証拠金だけで終わってしまい、そもそも取引すらできない。

ならば1000通貨で取引しようとすると、20pipsの利益幅を取ったとしても200円の利益にしかならない。

FXで、どれくらいの資金を稼ぎたいか?というのは1日、1ヶ月でどれくらいのpipsを稼ぐか?ロットをどれくらい張るか?によって変わってくる。

5万円からどれくらいの資金を稼ぐのか

目標としたい設定を1日10pipsにしよう。1日10pipsなら月200pips。これでもかなり素晴らしい成績だが、今回はこれくらいでシュミレーションしてみよう。

国内のレバレッジは最大25倍だ。レバレッジ25倍というと、ドル円やユーロドルなどの証拠金は5万円前後となる。となると自己資金5万円では取引することができないので、1000通貨から取引できる証券会社を選ぶこととなる。

5000通貨ならば、証拠金は半分になるのでなんとか取引はできるし、それなりのアドバンテージを持つことはできる。5000通貨での取引、これが5万円からスタートできる最大数と考えてもらっても問題ない。

所持金5万円【レバレッジ25倍】で、5000通貨の取引としようとすると、仮に証拠金が25,000円だとしたら、損失を許容できるpips幅は500pips位になる。

では5000通貨で1日10pipsの利益を出したとしよう。単純に1日500円になる。1ヶ月1万円だ。これは単純に月利20%という数字だ。では複利で計算してみよう。

  • 1ヶ月目は60,000円
  • 2ヶ月目は72,000円
  • 12ヶ月目には445.805円
  • 24ヶ月後には3,974,842円

これは延々と月利20%を稼ぎ続けた場合の複利計算だ。実際はこんなにはうまくいかないが、あくまでも目安になる。2年後には400万円程度になっているが、条件としては

  • 金額が1万円上がる毎に1000通貨ずつ取引ロット数を増やす
  • 毎月200pipsを稼ぐ
  • 毎月月利20%を稼ぐ

以上が5万円から2年で400万円まで増やす理屈になる。ただし、1ヶ月200pipsを継続して叩き出す事は容易ではない。

さらに、400万円から月利20%となると月80万円だ。税金などを考慮すると心許ない。専業になるならせめて1000万円くらいは最低でも欲しい。なぜなら、複利で増やせるのは投資資金に手を付けないのが前提だからだ。

専業となると、稼いだ分から生活費を捻出しないといけないので、まだまだ足りないと言うことになる。

しかも、この計算はあくまでもレバレッジ25倍でのギリギリでの計算だ。次はレバレッジ500倍での計算をしてみよう。

レバレッジ500倍

単純にレバレッジ500倍だと1万通貨あたりの証拠金は2,000円位になる。それだと5万円の資金があれば1万通貨程度は十分張れる事となる。

所持金5万円【レバレッジ500倍】で、1万通貨の取引としようとすると、仮に証拠金が2,000円だとしたら、損失を許容できるpips幅は480pips位になる。同じ所持金のスタートだが、レバレッジが違うだけで許容リスクの幅はほとんど変わらずに、1万通貨の取引ができる。

ちなみにレバレッジ25倍で1万通貨といえば最低でも10万円程度必要という計算になるが、レバレッジ500倍だとどれくらいになるのだろうか。それでは計算してみよう。

  • 1ヶ月目は70,000円
  • 2ヶ月目は98,000円
  • 12ヶ月目には2.834,696円
  • 24ヶ月後には160,709,985円

レバレッジ500倍で2年間上記と同じ条件で、複利計算した結果だ。2年で1600万円を超えている。何度も言うが、これはあくまでも月200pipsを毎月達成した場合になる。

これなら十分専業としてやっていけるレベルだろう。なにせここまで資金を増やせたのなら、FXトレーダーとしての実績も十分だ。専業トレーダーや億トレーダーも現実的だろう。

現実的にはそんなに継続して稼ぐ事はできない

今お話しした内容だが、こんなにうまくいくはずがない。そう思っているだろうか?確かに実際にはそんなにうまくはいかない。

まず第一に、毎月200pipsを継続して勝てるというのが難しい。そして、ロットを上げていけばいくほどメンタル的に利益を上げていくのが難しくなる。

確実に何度も壁にぶつかることだろう。

しかし、期間はかかるかもしれないが、無理なものではない。だからこそ専業トレーダーを目指したりしているトレーダーは海外の証券会社を使い、効率的に資金を稼ごうとしているのだ。

もし、5万円を100万円にできたのであれば大きな見込みがあるといえる。逆に、5万円を100万円に増やす事ができなければ、5万円からの専業トレーダーはまだまだ厳しい道のりになるだろう。

レバレッジというのは、資金を大きく増やすためには必要なものだ。もちろん大きく増やせる分、間違った使い方をすれば大きく資金を失うことになる。

口座残高に対してのおすすめロット数とは

ハイレバレッジによって得られる資金効率のメリットとは

FXやCFDでレバレッジを効かせる最大のメリットは「証拠金を減らす」ことである。しかし、証拠金というのはレバレッジを効かせることによって発生するものであり、そもそもレバレッジを効かせなければ証拠金が発生することはない。FXにおいて「なぜレバレッジが必要なのか?」について解説していこう。これからあなたがFXで資産を大きく増やしていく過程で非常に重要な話になる。

資金を増やすために必要な資金管理とは「どれくらいの値幅(pips)をとるのか?」「どれくらい稼ぐのを目標にするのか?」という目標をたてる事から始まる。その目標を実現させるために「どれだけの資金が必要なのか?」という道筋を逆算していって、レバレッジをどれくらい効かせていくのか?というシミュレーションをしていく事になる。

資金効率とレバレッジのメリットを知るために、まずはレバレッジを効かせない場合と効かせた場合の資金効率の違いを解説していこう。

レバレッジを使用しない資金効率とは

あ仮に1ドル=100円だった場合、100万円の金額で単純に持てるポジションは「1万通貨」になる。そして1万通貨のポジションで10万円稼ぐには1000pipsの値幅(利益幅)を稼ぐ必要性がある

1000pipsといえば、使用している通貨ペアにもよるが、1ヶ月で取る値幅としては全く現実的ではない数字であり、専業トレーダーをしている私でも月300pipsも取れればかなり優秀な成績だ。以上を踏まえたうえで、あなたがFXで「月30万円稼ぎたい」とする。1ヶ月に得られる値幅を100pipsにしておこう。

  • 月利10%以上
  • 1ヶ月30万円以上の利益
  • 値幅100pips

この目標を達成するにはまず「30万通貨のポジション」を持つことが重要になってくる。なぜなら利益幅100pipsから30万円を稼ぐためには、単純に30万通貨のポジションが必要だからだ。(あくまでもシミュレーションのための単純な計算)

そして、レバレッジを効かせないで30万通貨の取引をしようとすれば、単純に「3,000万円」の資金が必要になってくる。

1ヶ月30万円の利益→30万通貨→月100pips=3,000万円必要

1万通貨を取引するのに100万円必要(1ドル=100円の場合)

もちろんこれは「単純な計算」であり、細かい他の要素は加味していないが、基本的にトレーダーが行う資金管理シミュレーションだ。

レバレッジ25倍を適用させた資金効率

レバレッジを効かせないで利益を得ようとすればかなり膨大な金額が必要なのは分かっていただけただろうか?それではレバレッジ25倍を適用させた場合の資金効率について考えてみよう。

  • 月利10%以上
  • 1ヶ月30万円以上の利益
  • 値幅100pips

先ほどと同じ上記目標で考えてみよう。値幅100pipsで30万円を稼ぐには30万通貨のポジションが必要になると考える。これはレバレッジを効かせない場合と同じとする。レバレッジ25倍で30万通貨のポシジョンを持つには、1ドル=100円の場合「120万円の証拠金」が必要になる。

マイナスになった時のアドバンテージを600pipsほど取ったとしよう。すると単純に180万円だ。取引に使用する資金が150万円+120万円の証拠金で「合計300万円」の資金があれば、目標である月利10%で100pips、30万円の利益が可能となる。

レバレッジを効かせない状態では3,000万円の資金が必要だっただけに、実に10分の1の資金で同じ目標が立てられることとなる。これがレバレッジの効果であり、資金管理最大のメリットとなるのである。

ハイレバレッジ500倍での資金効率

それではレバレッジを500倍効かせた場合はどうなるのだろうか?シミュレーションしてみよう。条件は今回も全く同じだ。まず値幅100pipsに対して30万通貨という条件は同じになるので、30万通貨を取引するのに必要な証拠金を割り出してみよう。

1ドル=100円換算でレバレッジ500倍なら必要証拠金は「6万円」になる。

取引に必要なアドバンテージはレバレッジ25倍の時と同じ「600pips=180万円」にしておく。すると取引に必要な資金「180万円」と証拠金「6万円」で合計「186万円」で上記と同じ目標の同じ条件でトレードができるということになる。

ハイレバレッジによって月利が上がる絶大なるメリット

そしてもうひとつ大きなメリットとしては「月利」である。レバレッジ25倍の時は月利10%というシミュレーション結果が出ていたが、レバレッジ500倍の時は「同条件」であるにも関わらず月利20%以上を叩き出す事に成功している。

月利を上げるということは複利により大きく資金を増やす絶大なメリットとなり、少額からでも億を狙うことも十分可能であることは幻想ではない。レバレッジを上げることによって利率を上げるというメリットは多くの億トレーダーが実践していることだが、ポジションをデタラメに持てば良いわけではない。

あくまでもこれまでお話しした資金効率、資金管理をしっかり考えての結果だ。

ハイレバレッジ最大のメリットは「資金効率」

ハイレバレッジ最大の利点はお分かりいただけただろうか?全く同じ条件でレバレッジを効かせない場合だと「3000万円」の資金が必要になるが、レバレッジを25倍効かせることにより「300万円」の資金でトレードできるようになる。

さらにレバレッジを上げていくと「必要証拠金」が減るので、全く同じ条件でも「186万円」の資金でトレードすることが出来るのだ。ハイレバレッジを間違った認識のまま使用していると、効率が悪いどころかリスクを大きく抱え込む事になる。

レバレッジをメリットとして活躍させるには、レバレッジが効くからといってむやみやたらにポジションを持たないことが重要だ。「どれだけのアドバンテージを持つのか?」「何pips稼ぐためにどれだけのポジションを持つべきか?」それに見合った資金はどれくらいなのか?というのをシミュレーションしなければならない。

それこそがFXや投資でよく言われる「資金管理の重要性」であり、ハイレバレッジのメリットをうまく生かせるコツになる。少額からでも資金を増やせるのはまさに「ハイレバレッジありき」なのだ。

まとめ

大切なのは、口座残高に対してどれくらいの損失pipsを許容できるかだ。もちろん通貨ペアにもよるが、証拠金を引いて500pips程度は見ておきたいものだ。

この「損失許容pipsの設定」が少なければ少ないほど、リスクの高い取引となってしまうので肝に銘じておこう。だからこそ海外FXによくある「ボーナス」などは無くても全然構わない。

なぜなら口座資金を割ることを前提としたロット管理ではなく、口座残高を必ず守るロット管理を覚えなくてはならないからだ。

ただ単に、レバレッジの最大値が大きいからという理由だけでリスクが高いわけではない。ロットの調整さえうまくすれば、レバレッジは高いほうが圧倒的に資金効率が良くなるのだ。

ハイレバレッジでの取引についてどれくらいの資金でどれくらいのロット数を張ったほうがいいのか?」については下記の記事で紹介しているので、参考にして欲しい。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる