FX口座はNDD方式?DD方式?専業トレーダーが解説

FXの口座を選ぶのに、NDD方式とDD方式どちらが良いのか?という疑問を持ったことはないだろうか?私も昔はNDD方式について徹底的に調べあげ、知人の紹介で知り合った証券会社のディーラーなどに教わった記憶がある。

今となって考えればNDD方式だから勝てる、DD方式だから負ける、と思っていた時期でもあり何をやっても勝てない時期でもあった。

正直なところNDD方式だろうがDD方式だろうが勝てるものは勝てるし負けるものは負けてしまう、FXで重要なのはどういった方式で自分のレートが決まるかではなく、どこでエントリーしてどこで売るかというシンプルなもの。

かといってNDD方式とDD方式、優位性のあるほうでトレードしたいのはトレーダーなら当たり前。それではNDD方式とDD方式について解説していこう。

目次

DD方式の特徴

NDD方式とDD方式の違いは、トレーダーの注文をダイレクトに銀行やリクイディティープロバイダー「LP」に流すのか?(NDD方式)それともトレーダーの注文をFX業者が呑んでしまうのか?(DD方式)というものだ。

DD方式について

DD方式ではトレーダーの注文を一旦FX業者が呑むので、FX業者はトレーダーと逆のポジションを持つことになる。つまりトレーダーが損をするとFX業者は得をするというシステムで、一般的に呑み業者といわれている。

DD方式のメリットとデメリット

DD方式のメインとなる利益はトレーダーの損失、利益相対取引だ。なのでスプレッドは非常に狭くできるというメリットがある。しかし、独自ツールを使いトレーダーの注文を呑まないといけないので、圧倒的なコストとシステムが必要になる。そのためサーバーに負荷がかかるスキャルピングや自動売買は基本的にNGと考えておいた方が良い。

大きな値動きの時はスプレッドが大きく広がることがあるが、それは業者によるところが大きく、NDD方式であったとしても同じことが言える。

DD方式には出来てNDD方式には出来ないサービスも多くある。例えば完全固定スプレッドだ。完全固定スプレッドはDD方式だからこそ可能であり、業界大手のeasyMarketsやIFC Marketsが提供している。完全固定スプレッドであれば大きな値動きがあってもスプレッドが広がることはない。

あくまでも「原則固定スプレッド」ではない。原則固定スプレッドはボラティリティーない状態の時は固定されているが値動きが活発になればスプレッドは広がるし、大きな値動きが起きた時は圧倒的にスプレッドが広がる時もある。

もちろんFX業者によって広がりかたは様々だが・・・

NDD方式の特徴

NDD方式はトレーダーの注文をダイレクトに市場に流すので透明性が高いといわれ、FX業者の直接的な利益はスプレッドや手数料になる。しかし、NDD方式だからといってもFX業者によってスプレッドにバラ付きがあり、サーバーなどの関係でスプレッドの安定性に欠ける業者も多いのが現状だ。

しかもNDD方式といっておきながら実際にはDD方式を織り交ぜている「ハイブリッド業者」が多く、ハイブリッドモデルのFX業者は基本的にNDD方式と名乗っているところも多い。

理由としてはNDD方式は透明性があって最高だと思っているトレーダーが多いので、NDDといっておいたほうがプロモーション的に都合が良いということだ。それではNDD方式の種類について見てみよう。

NDD方式はいくつかの種類に分かれる

NDD方式は直接リクイディティープロバイダーや銀行に注文を流すが、流し方にはいくつか種類がある。

STP方式

トレーダーの注文はリクイディティープロバイダーや銀行が提示したレートの中から一番有利なレートで約定させる。

ECN方式

日本でいうクリック365。買い注文と売り注文がマッチングしたところで売買が成立するシステム。基本的にトレーダーはスプレッド以外に手数料を支払うことになる。

STP方式には必ず優位性があるのか?

私は過去にNDD方式なのにあまり優位性がない?と思われる場面に何度も遭遇した。エントリー時に1番大切なのはトレーダー自身に「優位性がある」と直感的に実感することだ。

NDD方式を利用していても「スプレッドが広く狙ったところで約定できない」「スリッページが多い」と感じるようでは全く意味がない。

1番に透明性の高いと思われているSTP方式も必ず約定力が高いといったわけでもない。トレーダーの注文を受けたLPや銀行がさらに別のLPや銀行に発注を出し、最終的な判断を下すラストルックというプロセスがあり、適切なラストルックの運用が求められている。

通常、お客様が取引を行なった時、FX会社は取引カバー先に発注をして、そのカバー先もリクイディティープロバイダーと呼ばれる、銀行やカバー先に発注を出しています。これを約定確認(ラストルック)と呼ばれているものになります。そのため取引約定時に、約定拒否又はスリッページを付与するため、時間にして0.2秒から0.5秒を使用します。お客様が注文したタイミングよりも時間が遅れてしまうため、システムアルゴリズムによりお客様に不利益を与える可能性があります。

引用:FOREX EXCHANGE

STP方式でもラストルックを行わない(DMA方式)ものや、リクイディティープロバイダーを公表しているFX業者もある。

FXにおいてスプレッドか手数料は必ず発生するものであり、そのストレスをどこまで緩和し狙ったところで約定させるのか?というのがトレーダーに必要な部分になる。なのでわざわざスプレッドが広い業者を利用する必要はなく、我々トレーダーがどこまでNDD方式やDD方式にこだわるのか?といわれれば「自分が納得すればなんでも良い」という答えになってしまう。

結局どこのFX業者を選べば良いのか?

FX業者は出金に関してのスペック、反映スピード、使いやすさなど各トレーダーにあった条件のものを選ぶのが好ましい。もちろんスプレッドが狭く安定感があり、約定能力が高いFX業者を選択したい。

スプレッドや約定能力は直接トレーダーのストレスやコストにかかってくるので大切に決まっている。そんなFX業者だが、選択支も多く世の中の情報もアテにならないものばかり。しかし安心して欲しい。透明性のあるFX業者で専業トレーダーも必ず推薦するFX業者を紹介しよう。

初心者でも使いやすいFX業者ならTitanFXかTradersTrustをおすすめする。透明性は抜群であり約定力もFX業者トップクラスでありながら完全日本語サポート、入出金の反映の速さ、スプレッドも非常に狭く扱いやすい。

MT5を利用したいならTitanFX。レバレッジを大きく効かせて取引したいならTradersTrustを選ぶといい。どちらもリクイディティープロバイダーを公表しているし、世界トップのデータセンター「エクイニクス」にサーバーを設置している。

まとめ

NDD方式の特徴
  • スキャルピングや自動売買などの制限がほとんど無い
  • MT4やMT5といった分析ツールが利用できる
  • DD方式とのハイブリッドスタイルが多くどこまで信用できるか不透明な部分がある
NDD方式のデメリット
  • DD方式とのハイブリッドスタイルが多くどこまで信用できるか不透明な部分がある
  • スプレッドが比較的広くなる

国内ではDD方式を採用している業者が多い。その理由はNDD方式ではスプレッドを狭くしずらいからかもしれない。当然目先のスプレッドだけではく、安定性や約定力、透明性が重要なのは100も承知だ。

しかし、多くのトレーダーは目先のスプレッドが狭ければ良いんだというシンプルな目線で見ている。なので目先のスプレッドが広かったら見向きもされない。そんなものだ。

スウィングトレードのように中期間ポジションをもつような取引であれば、そこまでスペックに囚われることもなくDD方式でも問題ない。スキャルピングやデイトレードのように短期間のトレードスタイルなら透明性のあるNDD方式を選ぶと良いだろう。

目次