最大レバレッジ3000倍|SuperForexを選ぶ理由とは何か?

SuperForex(スーパーフォレックス)は最大レバレッジ3000倍を提供する海外FX業者になる。日本での知名度はまだそこまで大きくはないが、世界で100万以上の口座数を持つ有名業者となる。

レバレッジの大きさが目立つが、扱う通貨ペアやCFD銘柄の数は多く、トレーダーというよりも投資家が好みそうな仕様になっているのが特徴。

この記事ではSuperForexはどんな特徴を持ったFX業者なのか?について解説していくので、興味のある方は是非参考にしてほしい。

公式サイトでは日本語にほぼ対応、日本人サポートも在籍しているが、まだまだ分かりずらい点は多い。XMの関連会社であり海外ではそれなりにメジャーだが日本国内ではまだまだ知名度は低い。

特徴は取扱い銘柄の多さと、最大レバレッジ3000倍のProfi STP口座になる。円建てには最大レバレッジ1000倍のスタンダードタイプのみ対応。

口座タイプなどシステムが分かりにくく、海外FX初心者には不向き。分析ツールはMT4のみとなっており、これからの進化に期待をしたいFX会社となる。

目次

専業トレーダーから見たSuperForex

SuperForexはスキャルピングなどの短期トレードには向いていない。スプレッドは海外FXの平均水準より広く、約定力も決して高いとはいえないからだ。

ただし、スワップ金利には優位性はある。

数日ポジションを保有するようなトレードスタイルでは「スワップ金利」によるマイナスは必要経費としてあげられるが、SuperForexのスワップポイントは他のどの海外FX業者よりも優位性がある。

スワップポイントを知りたい方は「公式HP→サービス→全ての取扱い銘柄」でチェックできる。

しかし、世界最大の口コミサイトFPAの評価はいまいち。内容はボーナスに関するものが多い印象だが、スウィングトレードで大手FX会社を利用するなら他の会社も検討の余地はあるだろう。

口座タイプから見るレバレッジ水準

SuperForexの口座タイプは種類が多く、公式ページを見てもすこぶるわかりずらいのが特徴となっている。通貨ペアの基本的なレバレッジは1000倍。Profi STPという口座に関しては最大レバレッジ3000倍という水準になっている。

口座タイプは大きく分けて2種類

口座タイプは「STP口座」と「ECN口座」の2種類に分けられている。STP口座とECN口座の違いは注文方式であり、STPはダイレクトにインターバンクに注文を流すタイプ。ECNは市場参加者によるマッチングにより取引が成立する。

どちらかといえばSTP口座を選択するのをおすすめする。なぜならECN口座には他にもTradeViewやTitanFX、AXIORYなどECNに強いFX会社があるからだ。

もうひとつの理由は、SuperForexのECN口座は「円建て」に対応していない。最大1000倍のレバレッジを利用できるECN口座は海外FXトップクラスの水準だが、取引手数料も公式HPには明確に記載されておらず、メジャー通貨は往復$10と高い水準になっている。

それでは「STP口座」について見てみよう。

STP口座の種類とスペック

STP口座は5つの口座タイプに分類されている。

  • 標準(スタンダード)
  • スプレッドなし(ゼロスプレッド)
  • マイクロセント
  • Profi STP
  • クリプト(仮想通貨)

注意したいのは上記5口座の中で「円建て(日本円口座)」を開設できるのはスタンダード口座のみ。レバレッジ3000倍を利用できる「Prifi STP口座」は円建てに対応していない。

ゼロスプレッド口座はその名のとおりスプレッドは固定ゼロとなる。ただし別途手数料がかかり、手数料の金額は取引銘柄によってまちまち。

レバレッジはPrifi STP口座が最大3000倍、仮想通貨は最大10倍のレバレッジとなり、他の口座は一律1000倍となる。それではメインとなる「スタンダード口座」と「Prifi STP口座」を比較してみよう。

スタンダード口座とPrifi STP口座を比較

スタンダードプロフィSTP
レバレッジ最大1000倍最大3000倍
円建て対応未対応
最低入金額$1$500
ロットサイズ1ロット/1万通貨1ロット/10万通貨
ロスカット水準10%10%
マージンコール30%30%

1ロットあたりのロットサイズだが、海外FXは基本的に1ロット/10万通貨がベースとなっている。1万通貨で取引したいなら0.1ロットで取引すれば良いだけなので、ロットサイズは気にするものではない。

最低入金額には大きな違いがあるように見えるが、Profi STPは$500(1ドル=120円なら約6万円)とそこまで高額な最低入金額ではない。

基本的には最大レバレッジの違いと、円建ての対応が大きな違いと言える。

SuperForexをレバレッジで選ぶことはできるのか?

最大3000倍のレバレッジが適用されるのは「Profi STP口座」一種類のみなので、円建てに対応していないProfi STP口座を利用するのかしないのかによってSuperForexを選択するのかどうかは変わってくる。

ただし、現在レバレッジ3000倍以上を提供しているFX会社と比較すると、やはりSuperForexに優位性があるとは言い難いのも事実だ。

現在3000倍以上のレバレッジを提供しているFX会社は

レバレッジ3000倍以上の海外FX
  • LAND-FX(最大無制限レバレッジでハイスペック取引環境)
  • Exness(最大無制限レバレッジで大手FX会社)
  • FBS(最大3000倍のレバレッジで業界最大手)
  • TradersTrust(最大3000倍のダイナミックレバレッジでハイスペック取引環境)

と超ハイスペック会社から大手FX会社と、海外FXトップ会社がずらりと並ぶ。

SuperForexには上記4業者とまともに戦う必要があるのはもちろん、レバレッジ1000倍以下でもハイスペックなFX会社は多くあり、SuperForexはこれから進化していくのを期待したいFX会社となる。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる