海外FX口座|XMを選ぶ理由とは何か?

XM Trading(エックスエム)は日本でも多くのトレーダーが利用する海外FX会社であり、大抵の情報やランキングでは「おすすめNo1」として紹介されている。

レバレッジは最大1000倍を提供し、会社の信頼性も非常に高いXMは果たして選ぶべきFX会社なのだろうか?

この記事ではXMを選ぶ理由について、専業トレーダーからのリアルなレビューを解説していく。XMを利用しようか検討中の方は是非参考にしてほしい。

目次

XMのレバレッジは選ぶべきなのか?

XMのレバレッジは基本的な通貨ペア、ゴールドに関して最大1000倍が適用されるが、レバレッジ1000倍というのは海外FXでは高い水準なのだろうか?

実際にレバレッジ1000倍は非常に高い資金効率を生み出す。レバレッジの基本的な考え方というのは「証拠金をどれだけ安くできるか?というものだからだ。

しかし、現在の海外FXでレバレッジ1000倍を利用できる会社はかなり多い。

海外FX|最大レバレッジ一覧を見ていただければわかると思うが、最大1000倍以上を提供している会社は5社、最大レバレッジ10000倍の会社は10社以上もある。

つまり、レバレッジ1000倍というだけで選ぶFX会社ではないということがまずはわかるだろうか。

そしてもうひとつ考えておかなければならないポイントが「口座残高によるレバレッジ制限」だ。よくFX会社の最大レバレッジだけをピックアップしている情報があるが、一歩踏みとどまってほしい。

最大レバレッジ1000倍程度になると、ほぼ100%の確率で口座残高による縛りがあるのだ。

上記は口座残高によってどの程度のレバレッジが適用されるのかをグラフ化したものになる。XMは口座残高200万円以上になるとレバレッジは200倍に制限されてしまう。

つまり、200万円というボーダーランの中だけでのみレバレッジ1000倍を利用できるということを念頭に置いておかなければならない。

口座タイプによるレバレッジ水準

XMの口座タイプはスタンダード口座、マイクロ口座、ゼロ口座の3種類ある。マイクロ口座は1ロット=1000通貨の極めて取引数量の小さな口座タイプであり、基本的にはスタンダードかゼロ口座を選ぶことになる。

最大レバレッジ口座残高
1000倍200万円以内
200倍1,000万円以内
100倍1,000万円以上
スタンダード口座のレバレッジ制限

口座残高によるレバレッジ水準は上記表の通り。違いはゼロ口座の最大レバレッジは500倍という点だけになる。

ゼロ口座はスプレッドを限りなくゼロに近づけた取引タイプで、一見優位性があるように感じるが、往復$10/ロットというFX会社としては高い水準の手数料を別途取られてしまうので注意したい。

取引銘柄によるレバレッジ水準

XMでは通貨ペアの他、CFD銘柄も多くのラインナップを取り揃えている。それでは取扱銘柄によるレバレッジ水準を見ていこう。

通貨ペアのレバレッジ水準

XMでは口座タイプ以外にもある一定の通貨ペアに関しては、適用されるレバレッジに違いがある。参考までに平均スプレッドを表示した表を作成したので参考にしてほしい。

基本的には通貨ペアは十分なラインナップが揃っている。注目するのはCHF(スイスフラン)のレバレッジが一律400倍になっている点だ。

スプレッドも以前よりは改善されている印象はあるが、まだ他のFX会社と比較すると広い印象は拭えないが、GBP/USD(ポンドドル)のスプレッドには優位性がありそうだ。

仮想通貨CFDのレバレッジ

仮想通貨は全31種類とかなり多くの銘柄を取り扱っている。レバレッジも一律250倍と海外FXでもトップレベルのレバレッジ水準となっている。

その他CFD銘柄のレバレッジ

XMのCFDは、計算上レバレッジは設定されていなく「ロット数 × コントラクトサイズ × オープン価格 × 証拠金率」という計算方式で証拠金を算出する。

なので、銘柄ごとに設定されたコントラクトサイズによって証拠金率は変わってくるのだ。

XMでは商品先物コモディティーも8銘柄と多く取り扱っている。さらに金(ゴールド)のコントラクトサイズは小さく、レバレッジ1000倍程度の証拠金でトレードできるので、優位性のあるCFDとなっている。

XMを選ぶべき理由とは

XMは約定力に自信があるものの、そもそものスプレッドが広いので、約定力によるそこまで大きな恩恵は受けられない。XMに適したトレードスタイルは短期売買ではなく「スウィングトレード」であり、CFD銘柄を主に取引するなら選ぶ理由にはなる。

よくXMは初心者向けという話があるが、決して初心者向けの会社ではないことは覚えておこう。

そしてもうひとつXMを選ぶ理由として大きなものは会社の強さになるだろう。スイスフランショックの時は多くのFX会社が潰れ、ゼロカットを執行できずに大きな問題になっていたりもしたが、ことXMは強気かつ完璧にゼロカットを執行し、トレーダーの信頼を厚くしていた。

人間は他の誰かが多く利用していると安心感を得られる。負けトレーダーの決定的な特徴だ。だからこそ世の中の手法や有名人の手法を真似したがるし、自分で常識の殻を破る努力を1番嫌う。

XMを選ぶのも選ばないのも、まずは複数のFX会社を使ってみてはどうだろうか?その中から自分に1番あったFX会社が最終的に残っていくものだ。

目次