専業トレーダーが考えるFXのトレードスタイルとは

トレードスタイル

資金を増やすために勉強し、学び、取り組み続けているのになぜか結果が出ない。むしろ資金はコンスタントに減り続けていく・・・現時点で勝てていない、結果を出したいがどうしたらいいかわからない。

損小利大は絶対、トレンドフォローをする、逆張りは危険、レバレッジはリスクが高い、などの一般的常識において「その常識はなぜ正しいのか?」知っていますか?

どのようなトレードスタイルを選んでも間違いはありません。最終的に勝てればすべて正解となるのがマーケットの世界です。

当サイトでは10年以上のトレード歴をもつ専業トレーダーが「勝てない一般的な常識」ではなく、大多数の意見に振り回されることのない情報を公開していきます。

専業トレーダーが選ぶプラットフォームとは

プラットフォームとはトレードを行う上での基本的な環境や設定を意味します。現在世界で最も多く使われている最高のプラットフォームはMT5(metatrader5)です。

MT5を選ぶにはMT5をプラットフォームとして提供している会社を利用する必要性があります。トレーダーにとって重要なのはどの会社を選択するのか?であり、レバレッジや約定力などトレードスタイルに応じた信頼性のある会社を選ぶことは重要な要素になります。

  • 【サーバー環境】高度な約定力とスプレッドの安定感
  • 【資金移動】入出金の反映スピードと確実性
  • 【信頼度】これまでの実績と透明性
  • 【流動性】実際の市場レートに限りなく近い

上記4項目は必須項目であり、トレードに関してのインフラテクスチャーとして前提条件です。当サイトでは下記3要素を重要項目として掲げています。

1、専門性(Expertise)

約定力やスプレッドなどの取引スペック、取扱銘柄のこだわりなど何かの要素に特化していて、トレーダーのニーズを的確に満たすことができる。

2、信頼性(Reliability)

サーバーやリクイディティープロバイダーをはじめ、市場に限りなく近いレートを提供する透明性のある会社。入出金に対する確実性なども重要な信頼性につながります。

3、可用性(Availability)

サーバーなどの障害は国内・海外問わず必ずと言っていいほど起こるものです。障害に対して素早く対応、情報公開することでトレーダーへの影響を最小限に抑えることができます。

※当サイトはプロのトレーダーとして、取引スペックに重心を置いています。ボーナスなどのプロモーションに関しての情報はありませんので、そういった情報をご覧になりたい方は他の情報サイトや公式HPなどをご確認ください。

https://technical-vision.jp

コラム&ニュース