MT5対応|海外FXおすすめランキングトップ10【2022年版】

MT5(メタトレーダー5)は世界最強といっても過言ではないテクニカル分析ツール。現在はかなり多くの海外FXが採用しているが、それでもまだMT4のみを採用しているところも多いのが現状だ。

国内のFX業者、FX証券会社では現在4社がMT5を提供しているが、すべて外資系の証券会社になる。そもそもMT4ですら国内の業者ではほとんど採用されず、MT5が国内でそれなりに提供されるのはまず期待薄になる。

国内でMT5が利用できるFX業者

この記事では海外FX50社を対象にMT5を利用できる会社をリストアップしてある。よほどマニアックな会社でない限りMT5を提供している海外FXは下記リストがすべてと考えて間違いない。

MT5対応海外FX一覧


TitanFX

TradeView

HotForex

IFC Markets

Exness

FBS

FXGT

XM Trading

FXDD

PacificUnion

LAND-FX

AXIORY

ExclusiveMarkets

GemForex

easyMarkets

M4Markets

上記16社がMT5に対応している海外FX業者だが、どの業者を選択するのか?というのは悩みどころだろう。正直、特徴やスペックなど様々な特性がある。当記事では専業トレーダーがトレーダー目線でランキングを紹介しているので、各FX業者の詳細記事とともに是非参考にしてほしい。

MT5対応!海外FXおすすめランキング

ランキングの判断基準
  • スプレッドや約定力、スプレッドの安定性
  • 入出金スペックと反映スピード
  • サポート力などトレーダーに対してのサービス力
  • レバレッジ
  • トータルスペック
  • 専業トレーダーとしての今までの経験

※ボーナスやキャンペーンは考慮しない。

1位 TitanFX

トータルスペックNo1。スタンダード口座、ECNタイプのブレード口座ともに業界トップレベルのスプレッド。最新ZeroPointテクノロジーにより業界屈指の約定力、安定性を提供。24時間日本人サポート、完全日本語対応で初心者にも扱いやすいのが特徴。

≫TitanFXの詳細記事

2位 LAND-FX

これまで改善に改善を重ね、取引スペックを強化してきたFX業者。世界的な評価も高く、MT5を提供するFX業者としてはトップのスプレッドを誇る。不正取引には厳しく、圧倒的なハイレバレッジのギャンブル取引はおすすめできないが、約定力や安定性といった取引スペックを重視するトレーダーにはおすすめ。

≫LAND-FXの詳細記事

3位 TradeView

ECNに特化したFX業者で「ILC口座」では業界トップのECN手数料とトータルスプレッドを提供。レバレッジこそ最大200倍だが、初回入金額10万円から利用できるのが強み。他のFX業者で同レベルの口座だと200万円以上の初回入金が必要になるスペックなので初心者にもECNが利用しやすい。

≫TradeViewの詳細記事

4位 HotForex

大手FX業者で世界トップレベルの口座数を誇る。MT5で利用できるカスタムインジケーターや高機能分析ツールを無料提供。自動売買など機能性に優れ世界的評価、信頼性ともに絶大。レバレッジもマイクロ口座では最大1000倍を提供するなどトータルスペックも評価が高い。

5位 ExclusiveMarkets(エクスクルーシブマーケット)

250万円の入金から利用できるエクスクルーシブ口座はECN最高スプレッドを提供する。MT4のカスタムインジケーターを無料でMT5用に変換してくれるなどテクニカル分析や相場分析にも積極的にサービスを行なっている。TradeViewと同じエクイニクスLD4にサーバーを設置し透明性のあるトレード環境が魅力。

≫ExclusiveMarketsの詳細記事

6位 Pacific Union(パシフィックユニオン)

2021年に日本人向けサービスを提供し始めたばかりのFX業者だが、世界での評価は元から高い。スタンダード、ECNどちらもハイレベルな約定力とスプレッドの安定性を兼ね備える。その理由は選び抜かれたリクイディティープロバイダーと世界屈指のデータセンター、エクイニクスNY4にサーバーを置いていること。

7位 Exness(エクスネス)

大手FX業者のエクスネスは少額に特化したレバレッジと、安定感のあるプロ口座が魅力。特にレバレッジは業界でもトップクラスの水準であり、資金効率の良い取引ができる。取扱銘柄も非常に多く国内銀行送金に入出金ともに対応していたりと使いやすいスペックが特徴。

≫Exnessの詳細記事

8位 FBS(エフビーエス)

口座タイプによってMT5に対応していないものがあるので注意が必要。迷ったらスタンダードタイプの「スタンダード口座」を選択しておけば間違いない。世界でトップレベルの口座開設者を抱える大手FX業者なので、海外FXに不安な方は利用してみるのも良いだろう。

≫FBSの詳細記事

9位 AXIORY(アキシオリー)

2021年に提供をはじめたMT5はテラ口座にて利用できる。ECN専用の口座タイプだが、業界でもかなり低いレベルのコストパフォーマンスを誇っている。弱点だったサーバーにも力を入れ始めこれからが期待できるFX業者となる。

≫AXIORYの詳細記事

10位 IFC Markets(アイエフシーマーケット)

MT5に対応してはいるものの、IFC Marketsの良さを完全に引き出すのは独自ツールであるNetTraderXになる。MT5ではオートチャーチストが利用できるのがメリットだが、変動スプレッドとしてはスプレッドは広い傾向にある。詳しくは下記記事をチェックしてみてほしい。

≫IFC Marketsの詳細記事